家が臭い!気になる家のニオイの原因と消臭対策まとめ

2017/10/18 リフォーム

美しい部屋、くさいのはなぜ?

気になる家のニオイの原因は、ペットやタバコ、カビなど様々です。

家族構成、ライフスタイル、家の様式によって、ニオイの原因は一つだけとは限りません。複数の原因が組み合わさることで、その家庭独特のニオイを作っています。

もっとも恐ろしいのは家が臭いことに気づかず生活していることです。家族全員で平和に暮らしていたところ、遊びに来た友人に「なんか臭いよ」と指摘されて初めて気づきます。

「まあ! なんて恥ずかしいのでしょう」。住んでいる本人たちは長く同じ環境で生活しているので、すっかりニオイに慣れきってしまい、気づくことがありませんでした。

改めてニオイの原因をたどると、部屋の中に存在する化学物質によるものだったということもあります。住まい環境によって現れる咳や喉の痛みなどの症状をシックハウスといいます。ニオイの原因がシックハウスの原因にもなっていることもあり、ニオイを除去することは健康的な暮らしを送るためにも重要なのです。

変なニオイに気づき調べてみると、ガス漏れだった、なんて一大事です。気づかなかったら、火災や爆発のような大きな事故へ繋がっていたかもしれません。

こうして考えるとニオイの原因を探るのは、ただ過ごしやすい空間を求めるだけでなく、健康で安全に暮らすためでもあるわけですね。

ペットのニオイ 原因と消臭対策

清潔と健康に注意

ペットは分かりやすいニオイの原因ですね。多くの家庭で家族同然に飼われている犬と猫を例に、簡単にペットのニオイの原因と対策について説明します。

犬の体臭は、体にある「アポクリン腺」から出る汗が原因です。汗に含まれた脂質やタンパク質があの犬独特のニオイの元です。これを部屋から取り除くには、定期的に体を洗ってあげることです。

体を定期的に洗ってあげれば、ワンちゃん自身もきれいになって嬉しいはずです。愛するワンちゃんを清潔に保てば、ワンちゃん自身の病気のリスクも減らします。家のニオイだけでなくワンちゃんの健康のためにも定期的なシャンプーを習慣的に行いましょう。

猫は面白いことに犬と違って体臭があまりありません。ハンターとして狩猟の能力が高い猫は、体臭が強いとターゲットへ近づくときに気づかれるリスクが高まるので、体からのニオイが少ないという説があります。

体臭はあまり気にならない猫ですが、尿の臭いは強烈ですよね。少ない量でも部屋中に広がるニオイは、鼻をツーンと刺激します。

この猫のニオイを除去するには、当たり前ですが、トイレ周りをこまめに掃除してあげることです。トイレ砂を交換し、トイレのまわりを拭き、ニオイのもとである尿を取り除きます。

ペットと同居することに慣れきってしまった人の中には、基本的な世話を怠る人がいます。犬、猫を問わず、体やトイレや寝る場所も清潔に保ってあげることは、飼い主の絶対的な責任です。ペットが原因の家のニオイは、飼い主のズボラさを現しているのかもしれないですね。

リビングルームのニオイ 原因と消臭対策

換気と整理整頓に注意

リビングルームは、家族全員が揃って団らんする場所なだけに、色々な種類の臭いが混じりやすい場所です。

ニオイは水のように染み込む特徴があります。リビングには、臭いが染み込む面積の大きな家具がたくさん揃っています。ソファー、カーペット、カーテンなど、素材的にも染み込みやすく、どうしてもニオイが定着してしまうのですね。

リビングからニオイを取るには、まずはこまめな換気が基本です。空気を入れ替えて、ニオイが染み込む機会を減らします。

整理整頓に気をつけることも、ニオイの定着を防ぎます。物が散らかった部屋は、ニオイにとって染み込む対象物がたくさんあるということです。散らかる物を減らせば、ニオイも減ります。

リビングルームには、必ずと行ってもいいほどエアコンや暖房器具があります。エアコン内部はニオイの元になるカビや埃が溜まりやすいので、定期的に掃除しましょう。フィルターの点検も忘れてはいけません。

暖房器具は、冒頭でもお話したように、ガス漏れに気をつけます。微量でも火災に発展することがあります。暖気と一緒に放出される一酸化炭素は健康を大きく損なうリスクがあります。暖房を運転中は必ず換気をしましょう。

寝室・子供部屋のニオイ 原因と消臭対策

布団干しが効果的

寝室・子供部屋の扉を開けた瞬間、プ~ンと嫌なニオイが漂ってくることがあります。原因は、睡眠中にかく汗のことが多いです。汗が布団、毛布、枕へ染み込みニオイを発しているわけです。

布団は、天気の良い日を欠かさず狙って干します。お日様の力でフカフカになった布団は、不思議と太陽のニオイがします。気持ちいいですよね。

雨が続く梅雨の時期は、布団乾燥機が便利です。ダニやカビもニオイの原因になります。布団乾燥機で、布団内部の温度をあげるとダニは死に、カビの繁殖も止められます。

ダニやカビはシックハウスの原因にもなります。寝るときに、なぜか感じていたくしゃみや目の痛みが、布団を清潔にすることで改善したという場合は、シックハウスの症状だった可能性が高いです。

最近はコインランドリーに行くと、布団や毛布が洗える巨大な洗濯機が置いてあります。洗濯機なら、物理的にニオイの元を洗い流せますよね。

玄関のニオイ 原因と消臭対策

はかない靴を捨てる

玄関のニオイの原因はやっぱり靴です。普段あまり履かない靴は思い切って下駄箱から出してしまいましょう。

湿気はニオイを悪化させます。閉めっぱなしの下駄箱にはどうしてもニオイが充満し定着しやすいので、脱臭剤を下駄箱の中に置いておくのもニオイ対策として効果的です。

キッチンのニオイ 原因と消臭対策

生ゴミと排水口に注意

キッチンも生活臭が溜まりやすい場所です。炒めたり煮たりするときに出る食材のニオイ、料理後の生ゴミのニオイ、食べる場所ならではの独特なニオイが溜まります。

調理中は換気扇を回しておくことで、料理によるニオイの定着は防げます。

調理後の生ゴミは可能な限り早く処理してしまいましょう。残念なことにごみの回収日が決められていて、すぐに家の外に生ゴミを捨てられない場合は、せめて蓋付きのゴミ箱を使って、ニオイの拡散を防ぎます。

排水口に付着する生ゴミもニオイの原因です。排水口とパイプを洗浄する専用のクリーナーが売ってますよね。詰まったゴミを根こそぎ除去してくれるので、大きな消臭効果を期待できます。

消臭グッズについて

ニオイの重なりに注意

家のニオイ対策でよく使われるグッズとして芳香剤がありますよね。さわやかなレモンの香りや、リラックス効果のあるラベンダーの香りなど、好みに合わせていろいろな香りが選べます。

最も身近な消臭対策ですが、ニオイの上塗りになってしまうことに注意が必要です。種類の違うニオイは、それぞれが良い匂いでも重なる結果、気持ちの悪い匂いになってしまうことが多いです。

消臭剤として、悪臭を除去した上でフレグランスの効果を得られるものも売ってます。ペット用やトイレ用がその例です。良い匂いを重ねるよりも、すでに存在する嫌な臭さを取り除いたほうが良い場合もあるので、芳香剤か消臭剤、場所と目的に合わせて選択しましょう。

芳香剤のような科学的な香りが苦手な方は、自然の消臭効果を持つ竹墨もおすすめしておきます。自然物なので食品の隣に置いても害がありません。冷蔵庫の中で使っても安心です。

除湿機、空気清浄機、脱臭機に頼るのも当然効果的です。ニオイの根源になる湿気、化学物質を機械的に取り除いてくれます。最近は静かでコンパクトに置ける邪魔にならない機器がたくさん売られていますよね。

消臭目的にリフォームという方法もあります

消臭目的のリフォーム

あまりに長い期間ニオイが染み付いてしまった壁や床は、消臭グッズや換気ではうまく消臭できません。例えば、ペットの尿が染み付いた床、カビが繁殖している壁などですね。

こうしたニオイは、思い切ってリフォームで除去するという方法もあります。消臭目的のリフォームですね。

消臭目的のリフォームは、ただ新しくすればいいだけなく、今後ニオイのもとになりにくい建材を使うという工夫も必要です。リフォーム直後はニオイがしなかったのに、その2年後また臭くなった、ではせっかくリフォームにお金が無駄になってしまいます。

消臭目的のリフォームは、まずニオイの原因を特定し、悪臭の改善と良いニオイの維持の仕方を検討します。一般リフォームよりもさらに専門的なノウハウが求められます。

エア.マテリア.では、消臭対象となる場所に合わせて、リフォームに使用する建材選びからご提案させていただきます。お住まいのニオイにお困りの方は、ぜひお気軽にご相談ください。