なぜ暖房で頭痛が起きるの?寒い冬の上手な換気方法

2017/11/09 リフォーム

気温がどんどん低くなり、暖房が欠かせない季節が近づいてます。

極度の寒がりの私は、寒い冬の生活に暖房が絶対に欠かせないのですが、暖房をつけると起こる頭痛が嫌なんですよね。

暖房で起こる頭痛を改善するには、換気が一番だとわかってはいますが、外からの空気が入ると、寒い冬の場合は部屋の中の温度を低くしてしまいます。

頭が痛い、でも寒くなるのが嫌で換気もイヤ。

同じような悩みを持つ方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

暖房による頭痛の悩み

そこで、冬場の正しい換気方法を紹介することにしました。

頭痛と暖房が「関係ない」と思ってらっしゃる方もいるでしょうし、まずは暖房と頭痛、2つの要素の密接な関係を知ってもらうところから始めて、具体的に頭痛を改善する換気の方法について説明していきますね。

家で暖房をつけるとなぜか頭痛がおきる……

家で暖房をつけると頭痛が起きる

通勤の電車、オフィスでの仕事中には、なかった頭痛。でもなぜか、帰宅後しばらくすると頭が痛くなる。

あるいは、朝に起床すると体がだるい、頭が重い。

こういうなぜだかわからない頭痛は、暖房のせいで起きているかもしれません。

そもそもなぜ、暖房によって頭痛がおきるの?

暖房によって頭痛がおきてしまう原因は大きく分けると次の3パターンがあげられます。

[1]頭と足元の温度差

頭と足元の温度差

空気の比重関係で暖かい空気のほうが軽く、頭上周辺に溜まってしまいます。頭と足元の温度差が広がることで頭痛が発生する原因になります。

[2]乾燥による水分不足

乾燥による水分不足

冬場の室内は乾燥気味。さらに、寒さもあって水分補給がおろそかになります。暖房によって体内の水分が蒸発して、水分不足が原因で頭痛が起きてしまいます。

[3]化学物質の発生

化学物質の発生

代表的な化学物質が「一酸化炭素」です。一酸化炭素中毒の初期症状として「激しい頭痛・めまい」が現れることがあります。この場合は、大きな健康被害に繋がる恐れがあるので、すぐに改善の処置を行わなければいけません。

寒い季節は暖房とこたつがお友達というあなた

寒い季節は暖房とこたつがお友達というあなた

「暖房をつけると頭痛が起きる。でも寒い季節に暖房なしは考えられない!」

私も同感です。どうにか暖房を付けたまま頭痛を改善できる方法はないのでしょうか。

寒さに弱い私は、冬の外出は最低限に控えるようにしています。家にいるときは暖房をフル回転させてこたつでヌクヌクです。少し前まで同じように頭痛に悩まされていました。

「この悩みを抱えている人がいる」…と想像するだけで心が痛みます。そこで、みなさんのお悩みを解消すべく解決方法を提案させていただきます。

暖房の頭痛を改善するのはやっぱり「換気」

暖房の頭痛を改善するのはやっぱり「換気」

「暖房をつけると頭痛がおこる」という症状は、甘く考えていてはいけません。もし一酸化炭素が原因であれば命に関わる恐れもあります。

暖房の頭痛を解決するための方法は、簡単です。「換気」です。お金も手間もかかりません。生活に積極的に換気を取り入れて、健康を守り安全で、暖かい暖房の使い方をマスターしましょう。

冬場の換気が嫌な理由

「窓を開けると寒くなってしまう」「暖房をオンオフすると電気代に影響が出そう」と換気を嫌がる人もいるかもしれません。

当然ですが、窓を全開にする換気は部屋を寒くします。寒くなった部屋を温め直すと、その分だけ電気代は上がってしまいます。そこでこのような工夫をしてみてはいかがでしょうか。

寒くならない換気方法

寒くならない換気方法

換気=窓を全開することではないですよ。

換気で大切なのは「風の抜け道」を作り出すことです。暖房をつけている部屋の窓を少しだけ開けて、反対側の窓、またはドアを少し開けるだけで十分です。室内にたまった不健康な空気は、室外からの健康な空気と入れ替わります。

これだけで十分な換気になります。この方法なら、換気時間がたったの5分だけでも空気が入れ替わり頭痛を改善します。

節約・節電になる暖房設定

自動運転に設定

換気を取り入れることで、暖房の費用が余計にかかってしまうのはイヤですよね。電気代を節約する暖房術を教えます。

暖房は、弱運転よりも自動運転に設定したほうが、節電になります。

暖房が設置されたお部屋の広さやお部屋を作る時に使われた建材、また暖房器具の種類によっても電気代は微妙に変わってくるので、すべてのご家庭にあてはまるわけではないことをご理解ください。

ただ、一般的には弱運転だと設定した温度まで上昇するのに時間がかかってしまい、稼働効率が悪くなってしまうので、効率よく適温にまで一気に上昇する「自動運転」の方が、節電・節約に繋がるといわれています。

暖房による電気代が気になる方は、1ヶ月限定で弱運転・自動運転の差を比較してみるといいですね。

今日から換気を行う生活を!

今日から換気を行う生活を!

悩める頭痛の解決方法は、想像通り、換気でした。でもわかってはいるけど、寒い冬に換気はなかなかしづらいものです。

外の新鮮な空気を部屋に送り込めば、頭痛はずいぶん解消します。寒い冬だからといって換気を嫌わず、途中でご紹介した冬場の換気テクニックを使って、部屋を暖かく保ちながら、新鮮な空気の中で暮らしていきたいものです。

もし換気を積極的に行っても頭痛が改善しない場合は「シックハウス症候群」の可能性もあります。シックハウス症候群については、以下の記事で解説してます。一度読んでみると思い当たる節に気づくかもしれませんよ。

これってシックハウス?症状を知れば予防と改善の方法も見えてきます